贈与による対策 生前贈与を活用する!

110万円の基礎控除を利用する

【 例えば 2人に5年間110万円ずつ毎年贈与した場合 】

2人×10年間×110万円=2200万円になります。

合計で2200万円渡しているのに、贈与税はゼロ!
さらに相続財産を減らすこともできるので、メリットが非常に高いです。

ただ、この方法はしっかりと行わないと税務署から贈与を否認される場合があり、あえて120万円ずつ贈与を行い、税率10%で1万円だけ払い申告と納税をおこなう。
この方法で税務署対策もバッチリです。

相続時精算課税制度を利用する

H15年1月1日から導入された制度になります。
簡単に説明すると生前贈与のような制度です。

生前に贈与した場合には、贈与税を軽減することが出来ますが、軽減する代わりに相続の際は、その贈与された財産を相続された財産にプラスして相続税がかかってくる。という制度になります。

【 相続時精算課税制度のポイント 】

  1. 2500万円までは贈与税を免除(2500万円を超える部分は一律20%の贈与税)
    住宅資金であれば3500万円まで非課税
  2. 満65歳以上の親から満20歳以上の子供への贈与に限られます。
  3. 支払った贈与税は相続の際の相続税から控除ができる
  4. ①の金額以内であれば何回贈与を受けても非課税になる。

お問い合わせへ

サービス対象地域

埼玉県

八潮市・草加市・三郷市・越谷市・吉川市・春日部市・川口市・鳩ヶ谷市・さいたま市・戸田市・蕨市・所沢市・加須市・羽生市・朝霞市・久喜市・北本市・坂戸市・鶴ヶ島市・日高市・上尾市・桶川市・幸手市・蓮田市・鳩山町・杉戸町・松伏町・他

東京都

千代田区・中央区・港区・品川区・目黒区・世田谷区・大田区・渋谷区・新宿区・豊島区・文京区・台東区・墨田区・江東区・江戸川区・葛飾区・足立区・荒川区・北区・板橋区・練馬区・杉並区・中野区・他

千葉県

市川市・松戸市・野田市・流山市・柏市・我孫子市・他

茨城県

竜ヶ崎市・守谷市・つくばみらい市・つくば市・常総市・取手市・牛久市・龍ヶ崎市・他

ページトップへ

税理士法人 福野会計事務所

〒340-0815 埼玉県八潮市八潮7丁目1番地13  TEL:0120-98-0709  FAX:048-997-0288